FC2ブログ

Okuda architects and associates

奥田建築設計事務所

2018-12

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

金沢へ。小松。

毎年恒例の家族旅行。今年は金沢へ。

おかげさまで、子供たちも観光が出来る年齢へと成りつつあります。
今回は遊園地はなし! 地域の見学を目標に!

てなことで、まずは小松。事前に航空自衛隊:小松基地の一般見学を打診したのですが、残念にも基地の事情により、見学不可。間近での、戦闘機の見学を期待していたのですが・・・。しかし、空港そばに、航空展示館があるとのことで来訪することにしました。

空港に近づくと、車からの異音!かん高い機械音がします。車の故障を危惧。さらに異音は大きくなります。そこで、気が付きました!『戦闘機』!車外を見ると黒い影が空に! F15です。

P8270041 - BL (250x188)

この美しい形、F15のプラモデルを作って、その雄姿に酔いしてていた幼き日の感動が蘇ってきました!

そんなこんなで、展示館。正面には海上自衛隊のへり。

P8270001 - コピー (250x188)

良い配置です。建物も格納庫ぽいデザインでへりをグンと引き立てた、いい風景を創っています。
展示館の中では、飛行機の色々な展示がありました。模型から退役戦闘機の実物展示まで。そして、操縦シュミレーション。  んー。操縦は難しい。(子供談)

次は、小松空港展望デッキへ。基地滑走路を離発着するF15が見れるかも?そんな期待を胸に・・・・。
『おおー。』。見える見える基地が見える!F15がいっぱいあるのが見える!  単なる航空ファンを化した私は子供たちにその感動をぶつけます。・・・

そして、発進している2機がありました。機体には1,2の番号。白地に濃いブルーのペイント。『ブルーインパルスや!』
こんなところで、見れるとは?

P8270047 - コピー (250x175)

それも、1番機に2番機!感動はピークに!






スポンサーサイト

ダイジェスト1

 なんと!11月。前回記事の8月から、3か月以上経ってしまいました。
確かに、8月は休みだらけでしたが、ちゃんと仕事をしています。8月の能天気な休みだらけのおかげで、9,10月は大忙し、ブログほったらかし状態となってしまいました。

そこで、今回は夏の終わりごろからの活動を一挙公開。

まずは、休みだらけの終盤。家族旅行です。今年は家族の『もっと遠くへ!』に応え、いざ九州へ!
ってことで、クルマを飛ばしてみました。その結果がこれ。

一日目、ホテルプール(宗像市玄海のホテル)。

P8280091_convert_20130904121724.jpg

二日目、アフリカンサファリ。(カメラ別にて後日編集)

三日目、キッズ自動車教習所(大分、城島高原の遊園地)

P8290092_convert_20131105153758.jpg

四日目、宿泊先の門司港ホテル周辺(北九州市)

P8290170_convert_20131105153902.jpg

P8290181.jpg

と、何とも見事に九州を少しでも感じられたのは、門司!
今回も、小学生向けの遊園地旅行でした。・・・。

PS) 城島高原パークでは『セグウェイ』に乗れます。

新緑の巨人!?

 GWの温かい日のお出掛け。

2013-05-05 17 00 13 (250x188)


 太陽を背に怪しい物体が、それもかなり大きいシルエットが!。

そう! 万博公園の『太陽の塔』です。これは、帰り間際の撮影で、西日に浮かぶ塔の姿。なかなかの迫力なので、撮ってみました。

2013-05-05 12 49 38 (188x250)

 いつ見てもふしぎな造形ですね。

雪の風景

 今年も、高校の講師に出かけています。
1月18日。滋賀県北部は雪のため、電車を乗り継いで通学いたしました。

 京都駅:湖西線ホームではハイテク京都駅をバックにアンバランスな防寒・雪山仕様に身と包んだ幼稚園児の塊。この後の湖西線での雪景色を期待させます。

 山科からトンネルを向けると・・・。期待通り白一色の銀世界でした。

久しぶりの長い乗車でした(車両故障にて行きは3時間半、信号故障の為、帰りは4時間半。JRさんご苦労様です)。が、つかの間の雪体験ができたので楽しい通学でした。

2013雪

でも、来週は雪なし車でいきたいね。

ピアノ発表会

 今年も恒例の、子供たちの『ピアノの発表会』が開催されました。
最近は、ずっと、奈良100年会館です。中ホールはガラス張りで、今年も変わらず美しいホールでした。

 今回は、子供たちが弾くグランドピアノがとても大きく見えたので、ちょいとアングルを変え上方から撮影してみました。

 写真は、演奏を終え、ゆっくりと舞台から去ろうとする、今年発表会デビューの6歳のわが子です。
帰りも、ちょっと緊張してるかな?

2013発表会



 | HOME |  »

FC2Ad

プロフィール

Yoshihiro Okuda

Author:Yoshihiro Okuda
『風景』になる建築。それがコンセプト。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。